京都Re Vision of Yoga後期

 

ワナカムヨガスクールの中でも

先端を走っていると言われている

“京都Re Vision of Yoga” 、Team ”S”の学びの真最中にある。

 

ワナカムヨガスクールの指導者養成コース

200時間の“ Vision of Yoga”は

丸ごとヨガの学びの時間であり

この中に、ビジネス的なことを教える時間までは

含まれていない。

 

巷の200時間コースでは

ビジネス実践講座が200時間の中に含まれているのを

お見かけすることもある。

 

そして、この”Vision of yoga”の学びを

継続して学び続ける生徒だけが進める学びの時間

“Re Vision of Yoga”だ。

ここで初めて

ビジネス実践講座、マネジメント講座と呼べる時間を

与えて頂くこととなった。


そんな時間を今回初めて頂いて

思ったことがある。

 

何百時間もかけて最初に学ぶべきは

ヨガである、ということだ。

言うなれば

私たちヨガの講師が

売っているその商品であるヨガの品質を

まず高めることなくして

ビジネスなど、始まらないということだ。

 

そして、なぜこんなことを書くのかと言うと

ずっと前のことになるが

「なぜ”Vision of yoga”では

ヨガクラスを広めていくにあたるHow toは

教えてくれないのだろう」

そんな発想を持ってしまったことが

あったから、だ。

 

その時は

そんなことも

教えてくれたらいいのに、と

まさに受け身の状態。

 

自分で調べたらわかる程度の知識など

調べればいくらでも出てくるわけで

それを200時間のコースの中に入れてくるのは

全然ちがう、ことを理解できていなかった

かつての私がいる。

 

マスター・スダカーによる

“Vision of Yoga”で教わることは全て

ネットを検索しても出てこない情報だ。

(あえてここは、“情報”と呼ぶ)

 

そして、また“体験”に溢れている。

聞きかじったような寄せ集めの情報を

聞くだけの時間ではなく

ヨガの体験そのものが”Vision of Yoga”にはある。

 

マインドが極限を感じるところまで肉体を使った

と感じる体験をするのは、いつも

この”Vision of Yoga”においてだ。

ここまでの体験を他では味わったことがない。

 

“Re Vision of Yoga”まで進ませて頂き

Vision of Yoga で学べることの貴重さを改めて感じる。

 

なので、今回教えて頂いた

ヨガの視点に基づいたビジネス実践講座も

いわゆる巷のビジネス講座とは異なる次元のものだ。

 

その教えのどれもが古典ヨガの叡智に基いており

それを今私たちがしていることに落とし込んでの

実践講座であった。

 

この貴重な叡智を活かすも

ノートの肥やしにするも

私たち次第

 

これを今すぐ実践に移していけるよう

知性を正しい方向へと使っていきたい


そして、ネットを検索しても見つからない

いわゆる巷に溢れた”情報”とは一線を画す

古代から伝承されたヨガの学びの扉を開けたい方には

“Vision of Yoga京都2022” をお勧めしたい。

 

なお、“残席僅か”(会場受講は満席)

なっていることを付け加えておく。

 


 

2022年200時間TTC ヴィジョンオブヨガ京都 の詳細はこちら↓
https://booking.vanakkamyogaschool.com/shopdetail/000000000152/all_items/page1/order/

 

Recommend Column

ヴィジョンオブサダナ2022 新しいコースが 3月の吉日より始まった。 ヴィジョンオブヨガで手にするマニュアルは2冊。 その2冊を徹底的に体とマインドに染み込ませるた‥ 続きを読む
シニアヨガ指導者養成講座パート2 ワナカムヨガスクール史上初、 香港にいらっしゃるマスター・スダカーと 全国各地の会場をZOOMで繋ぎ、 マスター・スダカーの講義をZOOMで‥ 続きを読む
2月の新月の瞑想講座 今日もまた必要なお話が降りてきた。 とても大切なのに 見逃してしまっていることを 今伝えて頂いている、 そんな感覚で新月の瞑想講座を聴‥ 続きを読む